イタリア語・語源:"普通"のお店は大繁盛ワッショイ
2016-10-22


3年、5年、いや、10年連用がよかろうか((○´∀`○))あー。

早くも新年度はじまりの手帳や日記帳が、店頭に並びはじめましたね。新しい手帳がでると、すぐにほしくなってしまう((○´∀`○))あー。
仕事用と学習用に単年手帳を使用していますが、新年度はこれに加えて、あこがれの連用日記帳で赤裸々でびゅーすっかなぁ((⊃∀⊂))笑。
*連用日記とは、1冊に複数年の日記を書くもので、年度違いの同じ日付の事項を同じページに書いて比較できるようになっていたりします。イタリア語の練習に日記を書いたなら、その成長過程も一目瞭然・笑。

さて、本日のイタリア語は、冒頭の話とはまったく関係ない・笑。
似た言葉の比較です。今日は「お店」。

英語の"store"と"shop"の違いのように、「お店」を示す語として似た言葉があります。
negozio , magazzino , bottega

単語本で、お店とひくと一番に登場するのは、最初の「negozio」ですね。一般的に街の「お店」を指すときは、negozioではないでしょうか。

では、次に magazziono の意味を辞書で確認してみます。
こちらは、お店(商店)の意味の前に、第1の意味に「倉庫・蔵」が来ています。また、在庫品・ストックという意味もあります。こちらが元の意味ですから、negozioよりも大きい又はたくさんの商品を置いているようなイメージでしょうか。商店よりも大きいものとして「百貨店/デパート」がありますが、これを示すのに「 grande magazzino 」といいます。negozioではなく、magazzinoなわけです。蔵みたいにたくさんの商品を収納しているからなのでしょうね。

次に bottega の意味を辞書で確認してみます。
第1の店(商店)の意味のほかに、仕事場、工房という意味があります。仕事場を兼ねたような小さな商店(工房)を指すようです。

この3店を並べた時、お店の規模として、
bottega < negozio < magazzino という感じでしょうか。

ちょっとおもしろいなと思うのが、「 negozio 」の原義です。
ラテン語由来の言葉で、「暇がないほどの忙しい仕事」と辞書にあります((⊃∀⊂))
どうして、この原義から「お店」になったのでしょうか。
良い品物を持っている、または作っている人のお宅には、たくさんの人が尋ねてきたんでしょうね。そんな大繁盛な光景が、「お店」になったということなのかな。ふふふ。


【参考文献】
伊和中辞典禺画像]
Il Devoto-Oli. Vocabolario della lingua italiana 2012禺画像]

↓ポチっとが、励みになります↓
[LINK] (禺画像]) [LINK] (禺画像])
にほんブログ村
[イタリア語]

コメント(全0件)
コメントをする


記事を書く
powered by ASAHIネット