イタリア語:骨がいっぱいで出来ている。魅惑の複数形。
2016-10-16


推定骨量っ?!Σ
体重計を求めて彷徨っておりましたら、
なんと最近の体重計は、推定骨量まで出るんですね。
すごかばぁーん三∩(○´∀`)∩ひゃー

3,000YENプラスして解き放たれし骨量情報を手に入れるか・・・
ここは当初の目的通り筋肉量測定に一点集中で手を打つか。
決め難し三∩(○´∀`)∩3000YEN差は、でかいばーん。

さて、本日のイタリア語は「骨」について見ていきましょう。

* osso [男性名詞] 骨

この言葉もおもしろい語だなぁと思うのです。
第1の意味のほか、骨状のものや骨に似たもの、骨細工も示します。また、「果物の種や核」を示すこともあります。
「果物の種」は「骨」ではありませんが、果物にとっては、体を支えているものということで、骨のような役割をしている種を「骨」と比喩表現しているのでしょうね。

さて、この言葉の何がおもしろかというと、複数形にあります。
「骨、骨格」を示す時は、" le ossa "となります。
この場合の骨とは、「骨格」という語で表されるように、1本の骨ではなくて、複数の骨で成り立つ骨・・・あーややこしい・笑。骨格とは、関節でつながった「骨々」ですから、骨といってもいっぱいある骨なわけですね。だから複数形・笑。この辺が外国語の面白いところですよね。日本語では、たくさんの骨だろうが、1本の骨だろうが、等しく「骨」なわけで、「数は察しろ」なわけですが、イタリア語では、骨か骨々かはっきりする必要があるのですね((⊃∀⊂))

話は、複数形 " le ossa "に戻ります。
定冠詞と名詞の末尾からわかるように、名詞の性が「女性」に変化ています。複数になると性が変わるっていう不思議・笑。
単数形と複数形で性が変わる語は他にもありますが、「osso」はさらにおもしろいことに、「骨状のもの」や「動物の骨」の複数形は、" gli ossi "。
これには、「えぇぇぇぇええ(((´□`*)))」の一言です。わはは。
これも定冠詞と末尾の変化からわかるように、男性名詞の複数形そのままですね。「骨格」と「動物の骨(々)」との間に、いったい何があったんだろうか。わはは。
性の変化によって、伝えたいこを変化させる、とってもおもしろい言葉ですよね((⊃∀⊂))

【参考文献】
伊和中辞典禺画像]
Il Devoto-Oli. Vocabolario della lingua italiana 2012禺画像]

↓「いいね!」と思ったらポチっと↓
[LINK] (禺画像]) [LINK] (禺画像])
にほんブログ村
[イタリア語]

コメント(全0件)
コメントをする


記事を書く
powered by ASAHIネット